09

家賃と変わらない価格で、
猫も心地よい家づくりを実現

M様

写真:家賃と変わらない価格で、
猫も心地よい家づくりを実現

家を建てようと思ったきっかけは?

以前は、灯油暖房のアパートにお住まいだったM様ご夫妻。
住んでいたアパートはペット不可の物件でした。
しかし知らずに猫を飼い始めてしまい、大家さんの配慮で特別に許していただいたものの申し訳ないと感じていたそうです。
そんなとき、ハウジングカフェのモデルハウスを訪れる機会がありました。
今の家賃とそこまで変わらない価格で一軒家を持つことができると知り、本格的に家を建てることを検討し始めたとのことでした。

ハウジングカフェのHIKARIAを建てようと思った決め手は何ですか?

初めて訪れたモデルハウスもハウジングカフェだったため、
M様ご夫妻はそのまま相談に乗ってもらったそうです。
1番の決め手は、スタッフの人柄。
押し売りされていると感じることなく、
同じ目線でさまざまな提案をしてくれるとところがありがたかったといいます。
光熱費などの兼ね合いも考え、
太陽光パネルが標準装備されている「HIKARIA」を選んだとのこと。

住んでみて感じたことは?

室内で重視したのは、大切な家族の一員である猫のトラちゃん(5歳)にとって住みやすい環境であること。
M様ご夫妻のリビングでは高い位置に窓を設け、日光浴をしながら外を見られるようにしています。
そこまでのキャットウォークも備え、部屋や外を見渡せる窓辺まで難なく行ける仕様。
今ではすっかりお気に入りの場所になっているそうで、提案してもらって良かったと感じているそう。
また、リビングと猫用トイレのある廊下をつなぐドアには、小さな猫用ドアを設置。
猫用トイレの上部には収納スペースがあり、ペット用品を一箇所で管理できるため、お願いして良かったと感じている部分だそうです。
また、以前のアパートは冬場に水道などが凍結しやすかったため、その心配もなく暮らしているといいます。太陽光パネルで冬場も発電、売電しているため、
光熱費は五千~一万円くらいは安く済んでいるそうです。

HIKARIAでの暮らし、今後の楽しみをお聞かせください。

家を建てる前から友人を呼んで、BBQなどを楽しみたいと考えていたM様ご夫妻。
そのため、庭が広い構造になっています。
「住み始めて2年半経ち、落ち着いてきたので、本格的に庭づくりを始めたいと思っているんです。物置をDIYするため電動工具などもそろえたので、雪が融けたら始めたいと思っています。夏には友人を呼んでBBQを楽しみたいです」と楽しそうに話してくれました。