13

企画住宅のベースがあったからこそ、こだわるポイントやイメージがより具体的に。理想の家を持つことができて大満足です。

A様

写真:企画住宅のベースがあったからこそ、こだわるポイントやイメージがより具体的に。理想の家を持つことができて大満足です。

家を建てようと思ったきっかけは?

「いつかは一戸建てを購入したいな」そんな気持ちが強くなったのは、子どもが生まれて動き回るようになったころからです。本来なら走り回ったり、遊んだり、その成長はうれしいことなのに、どうしても「静かに!」「音を立てないで!!」って、叱らなくていいところでイライラしたりしちゃったり……そんなストレスをためるくらいなら、やっぱりのびのび育てられる家が欲しいな、と。
より現実的になったのは、前の家の光熱費が高くていろいろ調べてみたら、新築で建てた家のローンと光熱費を合わせても、月々のコストはそれほど変わらないとわかってからですね。もうこれは買うしかない!と決めました。

ハウジングカフェの「Hikaria」を選んだ決め手は?

太陽光パネルと省エネ設備が標準装備、というのが一番(大きかったです)。また、価格のインパクトだけではなく、ランニングコストを含めて建てたあとの暮らしやお金のことについてもオープンにしている印象がありました。資料請求をした時点でなんとなく「ここで建てたいな」と思っていたので、初回の打ち合わせから、なんと4時間以上(笑)。でも全然、苦にはならなかったですね。

担当者の印象は?

正直、「担当がこの方だったから決めた」と言っても過言ではないぐらい、親身に家づくりのパートナーになってくれました。できること、できないことをしっかり説明してくれて「できないこと以外は最大限努めて、実現してくれる」。いつも私たちの立場で考えてくださるので信頼して、いろいろ相談をしました。時にアドバイスをもらったり、大変な調整役を担っていただいて、すごく感謝しています。

家づくりで一番こだわったポイントは?

小上がりの和室ですね。「老後の暮らしに畳があったらいいのかも」と、漠然と思ってはいましたが、とにかく見た目がお洒落な和室を作りたくて「普通の和室だったらいらない!」って(笑)。こだわった分、いろいろわがままを聞いていただきました。小上がりの高さは45㎝、その部分は引き出し式の収納にしました。素敵に仕上がって見た目も大満足ですが、機能的にも優れた空間に。引き渡しの1週間前に見にきた時には、本当に「ここまで作っちゃった」という驚きと感動で、「うぁー、いいね」しか言葉が出ませんでした。とはいえ、キッチンもパントリーもすべてこだわりましたよ(笑)。「ま、いっか」みたいな気持ちで後悔したくなかったので、すごく悩みました。細かいけれど、キッチンに取り付けた棚を留めているフック1つにも希望を伝えました。もともとよくあるL字タイプだったものをシンプルなデザインのフックに変えてもらったり……。参考にできる部分はないかと常にSNSをチェックしていました。

実際に暮らしてみて感じたことは?

冬でも家に帰ってきたら暖かい、それだけで幸せな気持ちになります。住まいにストレスがないって、こんなに素晴らしいんだと実感しながら暮らしています。キッチンに立つのも楽しいし、家事や子育てに向き合う気持ちにも余裕が生まれました。遊びに来てくれた友人たちも褒めてくれて、写真を撮ってくれたり(笑)。ちょっと恥ずかしいですけど、うれしいです。

マイホームの購入を考えている方に伝えたいアドバイスは?

アドバイスになるかどうかはわかりませんが、私たちには注文住宅よりも企画住宅(での家づくり)が合っていたように思います。ベースがあるので、こだわるポイントを見極めることができましたし、具体的なイメージもしやすかったのだと思います。それでいて、いろいろ選択肢も多かったですし(ありすぎるぐらい……だからたくさん悩みました・笑)、思っていた以上に、細かい部分のカスタマイズも可能でした。もちろん、構造上どうしても実現できないことはあるので、そのあたりは事前にリサーチして、自分たちの暮らしにフィットする家と出会えたらいいのかな、と。私たちの場合は、ゼロベースだと迷いすぎて大変だったと思うので、この選択がベストだったと考えています。今は本当に理想の家を持つことができて、夫婦共々大満足です。